地震

地震が起きて家で被害があった人には会社から保障が出るらしい。瓦が何枚か割れたというと写真を撮ってもってこいと言われた。。。面倒である。前回、台風のときは無審査で全労災から保証金が下りたのだが、今度は写真をとってもってこいとのことなので屋根に上り、デジカメで写真を撮った。それをPCで出力しようしたのだがうまくいかない。新しく買ったビスタ、恐ろしく使いにくい。
仕方ないので古い方のウインドウズ2000のPCで出力した。ビスタ、とっても使いにくい。こんなことなら投売りしているXPにしておけばよかった。。

それから、

また、一人ぬかされた。別に良いのであるが。
これで何人の人間に抜かされたことになるのであろう。数えるのも面倒である。逆を言うと誰かを抜かした記憶もない。

先 方には、とりあえず、おめでとうだけ言っておいた。私は独楽鼠の如く同じところをグルグルと回っているだけではないか。しかも、そこは長く暗いトンネルの ような場所である。一向に抜け出す様子もない。もしかしたら、一生かかっても抜け出すことは出来ないのかもしれない。ベトナム帰還兵のように、このまま精 神を病んだまま、朽ちて死んでいくことになるのであろうか。

いっそのこと、戦死した英霊たちのように、私も今度は志願しようか。もっとも現在の社会体制では無理であろうが。

2013-05-12

仕事の方では、イヤなものを見てしまった。

見ていてあまり気分の良いものではない。会社の食堂で、あの小男が一部の女性従業員に笑われているのである。確かに動作は小猿のようかもしれない。しかし、動物園の珍獣を眺めるようにして、人を嘲っているのである。毎日のことである。こうした人を馬鹿にする行為は運気を悪くするし、他者の悪口を言いたがる手合いは土壇場で裏切って逃げていく人間である。極力関わらないようにしよう。

しかも、この他者を嘲り笑っている人間は女である。いくら美人でも、男はこういう女性に近づいてはいけない。こういう女性は男の運気を吸い取るはずである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする