K宮氏のセミナー

それとは別件のK宮氏のセミナーに行った。

勉強会には是非、来てほしいとのことなので、これが最後の予定だということなので行くことにしたのだ。

土曜日のことである。

朝4時起きで5時半に家を出た。

JRの無料駐車場にクルマを置き、始発の新幹線で会場に向かった。

車内はけっこう混んでいた。

S駅を降りてしばらく歩く。

場所が分からないのでタクシーを拾った。

スマートフォンで会場の場所の地図を運転手に見せる。

しかし、運転手が言うにはわからないとのことであった。

これで、よくタクシー運転手がつとまるものだ。

仕方がないので別のタクシーを拾った。

ワンメーター410円で会場に到着した。

一番前に座るつもりであったが、既に会場はいっぱいであった。

肝心の講座の内容であるが、知っていること。弟子の退屈な話が多くて得るものは少なかったように思う。

往復の交通費は3万円ほどであった。

時間と費用は無駄になった?かもしれないが日帰り出張は今回が初めてだったので良い経験にはなったと思う。

客は当然のことながら大した結果を出せていない人間ばかりである。

それで収益構造についてですが、ルールの変動で圏外に飛んだ商品が戻ってきたといって喜んでいる場合ではない。収益の柱が一本しかないことがこれで露呈してしまった。

今年は、もうしばらく収益を上げることは無理であろう。税金の心配をしなくて良いと浮かれている場合ではない。

これで引っ越し、ついては住民票の移動も、かなり先の話になった。

複数の収益構造を作る必要があるのであろうが、何処から手をつけて良いかわからない。リスト集め?自分の商品の販売?一体何が最適なのであろうか。

最初のうちは、無闇矢鱈にやるだけで良いかもしれない。しかしながら、五十ポイントを超えたあたりからは、何を入れるかではなく、何を捨てる入れないかを 念頭に置いてやるべきであろう。何でもかんでも入れてしまうとページの質が落ちるというか、統一感の無いものになってしまう。完成とは付け足すものがなく なった状態ではなく削るものがなくなった状態なのだ。

セミナーといえば過去のこんな出来事を思い出す。

2013-06-16

先日提出した書類が返却されてきた。

記載事項に不備があるとのことであった。休暇取得は3日連続でないとマズイのだという。こんなこと なら、あのセミナーに申し込みをしておけば良かった。申し込み締め切りは、とっくに終わってしまった。人はその職業に呼ばれるのだという話を聞いたことが あるが、もしかして私はこのセミナーに呼ばれているのか。もしそうであるならば、キャンセルでも出るのであろうか。申し込み開始から、わずか四分で応募枠 が埋まったセミナーなので、それは考えにくいのであるが。

そんなことを考えていたら、先行募集に続いて一次募集の告知が来た。

いろんな人に相談して、迷った挙句、時間ギリギリまで悩んだ挙句、申込むことにした。

こんなチャンスは、そうそうあるものではない。

二次募集は、わずか数分で応募枠が埋まったという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする